英彦山の清流と緑豊かな山々に囲まれた村

赤村公式ホームページ

赤村の魅力

赤村とはどのような村かをご紹介させて頂きます。

赤村は福岡県筑豊地域の東部にあり、英彦山から扇状に走った山麓に挟まれた細長い盆地で、英彦山を源流とした今川が流れています。
土地は肥沃で昔から良質米が生産されており、山間部一帯では、緑と清流がつくりだした素晴らしい景観に恵まれています。

伝えによると、吾勝野(あがつの)と呼んでいましたが、阿柯(あか)と津野と称するようになり、その後、清和天皇の「光明赫々・・・(こうみょうかくかく)」という言葉から赤の字を用いたといわれ、歴史上ゆかりの多い村として史跡や伝説が数多く残されています。

明治20年に旧上赤村、下赤村、山浦村が合併し赤村となり、小内田村、大内田村が合併し内田村となって明治22年赤村と内田村が合併して今日の赤村となりました。

赤村の風景
赤村の村章

赤村の概要

赤村の場所 西日本・九州北部・福岡県田川郡赤村
人口 3,408人(平成17年国勢調査)
主な産業 農林業
観光スポット 自然学習村源じいの森・源じいの森温泉
みつあんきょう・石坂トンネル・トロッコ列車・
ハジカミ渕・大音の滝・琴弾の滝・戸城山森林公園など
観光行事 DO YOU 農?・大内田岩戸神楽・神幸祭など

村の木(ゆすの木) 村の鳥(めじろ) 村の花(春蘭)

コンテンツ情報

赤村へのご連絡先

赤村役場:0947-62-3000(福岡県田川郡赤村大字内田1188)

赤村へのオススメ情報

源じいの森|自然とのふれあい体験が出来る自然学習村
赤村特産物センター|村の魅力が詰まったこの場所でお買い物をお楽しみ下さい
Do You 農?|あなたも一度、赤村で農業体験してみませんか?
赤村トロッコ-油須原線-|幻の鉄路にトロッコ列車が走る

このページの先頭へ戻る